「朝立ち」とは?なぜそれを起きるの?

朝起きた時、ペニスが勃起していた経験はありませんか? 病気ですか? 実はそれは「朝たち」と言われています。今日はそれについて、少し検討します。

「朝立ち」とは?

朝立ちとは、早朝4時から7時の間に、状況や動作、思考に支配されずにペニスが自然に勃起する正常な生理現象です。 朝勃ちの正確なメカニズムはまだ解明されておらず、病気や薬、精神状態、生活習慣など、さまざまな要因に影響されます。

朝の勃起は正常な現象であり、治療の必要はありません。朝の勃起が消失し、他のed(勃起不全)を伴う場合にのみ、患者は男性学的検査のために医師に相談する必要があります。

>>ED(勃起不全)になる原因は?治療とも解説!

原因

一般的に、男性は思春期や成人期に入ると朝立ちを経験します。しかし、現在、正確なメカニズムはまだ解明されていません。年齢、病気、薬物、精神的要因、睡眠、尿を我慢する、不健康な生活習慣などが影響していることが疑われています。

1、年齢

性的成熟の後、年齢とともに、朝の勃起の回数がより頻繁になり、その持続時間は徐々に長くなります。 30歳を過ぎると、加齢とともに朝の勃起力が徐々に弱くなったり低下したりします。

2、病気

高血圧、糖尿病、腰椎椎間板ヘルニア、冠状動脈性心臓病、結核、脊髄損傷、性感染症など、多くの病気が性機能や朝の勃起に影響を与える可能性があります。

3、薬物

抗腫瘍薬、降圧薬、血糖降下薬、制酸薬、鎮静薬、一部の漢方薬は朝勃ちの頻度を下げます。それに対して、高麗人参、ハトムギ、鹿角、鹿鞭、海犬腎、クコなどの薬物は朝勃ちの頻度を上げることができます

4、精神的要因

重度の精神的外傷、過度の悲しみ、うつ病などは、朝の勃起を著しく低下させる可能性があります。 そのような人々は、日中の活動が遅くなったり、活動できなくなったりします。 過度の疲労や精神的疲労も朝の勃起に影響を与える可能性があります。

5、睡眠

十分な睡眠時間と睡眠の質は、男性ホルモンの分泌にさまざまな程度の影響を与え、それによって朝の勃起に影響を与えます。

6、尿を我慢する

膀胱に尿が過剰に貯まり、膀胱の圧力が高まって刺激を受けると、無意識のうちに反射的にペニスが勃起してしまうことがあるのです。 これはよく、排尿で硬くなることを指します。

7、不健康な生活習慣

過度の喫煙、飲酒、不規則な仕事や休憩時間なども朝の勃起に影響を与える可能性があります。

まとめると、朝立ちは正常な生理現象ですが、高血圧、糖尿病、腰椎椎間板ヘルニア、冠動脈疾患、結核、脊髄損傷、性病、性機能障害など、さまざまな病気の影響を受け、異常が生じます。