ED(勃起不全)になる原因は?治療とも解説!

日本では、1/4の男性がEDになったと言われたことがあります。これは人騒がせな話ではなく、研究データによって裏付けられています。

それでは、どうしてこんな多いな人がEDになるのか?その原因はなんでしょうか?どうすればいいのか?本日それについて少しお話ます。


EDの原因

EDは、ストレスや循環器疾患(糖尿病、高血圧など)、生活習慣(肥満、運動不足、喫煙など)などの精神的・心理的要因が原因と言われています。

性的刺激が神経を介して勃起の信号を送ると、陰茎の海綿体の動脈が開き、血液が入ることができます. 海綿体はスポンジのように血液を吸収・貯蔵し、膨張・硬化します。 これは勃起です。 しかし、生活習慣病や心理的な理由で神経や血管の機能が不足すると、海綿体に血液が流れにくくなりEDになります。

例えば糖尿病では、性的刺激による血管の拡張が不十分となり、血流が阻害されて神経の損傷や動脈硬化が起こると考えられています。 糖尿病患者の多くは、EDや性欲減退を日常生活上の問題として挙げていると言われています。

高血圧症では、高血圧が血管に損傷を与え、血管を硬化させ狭窄させます。 これにより、陰茎への血流が減少すると考えられています。

そのため、EDの症状は生活習慣病とともに現れることがあります。

>>EDの定義と症状の基準を解説!

EDの治療

EDの原因も知っていました。それでは、EDが治療できますか?それはもちろんです。病気だから、治療方法は是非ありますよ。

泌尿器科およびアンドロロジー クリニックでは、ED 治療を提供しています。
ED治療で最も重要なことは、まずEDの原因を突き止めることです。
EDには主に「器質性ED」「心因性ED」「混合性ED」があり、まれに薬の副作用として起こる「薬剤性ED」もあります。

EDのタイプごとの治療法を見てみましょう。

・器質性ED

器質性EDは、動脈硬化の進行や、血管や神経の損傷や障害など、特定の病気やけがによって引き起こされます。
したがって、根本的な原因を調べて治療する必要があります。
器質性EDの場合、ED治療薬の使用により血流が改善されればED症状の改善につながると考えられています。
薬物相互作用が発生する可能性があるため、他の病状がある場合は必ず医師に相談してください。

・心因性ED

心因性EDは、ストレス、ストレス、トラウマなどの精神的な問題によって引き起こされます。
カウンセリングにより、ストレスの原因を明らかにし、根本原因を取り除きます。
また、ED治療薬で勃起させることができれば、徐々に自信を取り戻し、性交への不安を解消することができます。

・混合性ED

器質性EDと心因性EDの組み合わせです。
中高年では血管の老化により動脈硬化が進行し、仕事や夫婦関係でのストレスや過労の増加により混合型EDが増加すると言われています。
ED治療の効果について学びます。
改善が見られない場合は、心因性EDの原因となったストレスやトラウマを見つけて改善することが目標です。

・薬剤性ED

現在、治療中の病気やけがのために薬を服用している場合、その薬の副作用として ED が発生することがあります。
予約時に服用している薬について医師に伝え、ed 治療 薬と組み合わせて使用​​できるかどうかを確認してください.
薬剤のみの同時使用は、血圧異常などの副作用を引き起こす可能性があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする