勃起の硬さ指標「EHS」とは

日本では、ED(勃起不全)という用語や障害に対する認識と理解が広まっています。 しかし、これまで患者さんが簡単にED(Easy Diagnosis)を診断できる評価尺度はありませんでした。
最近、自己診断型勃起硬度スケール (EHS) が米国で開発されました。これは0~4の5つのスコアで判定ができ、ed の簡単な診断と治療効果の評価のためのシンプルで信頼できるツールであることが証明されています。
このアメリカ版をベースに、2009年に日本版EHS勃起硬度スケールが開発されました。
今後、日本版EHSが日本の医療環境の中で一人でも多くの患者様にご利用いただき、ED治療のさらなる普及・普及に一定の役割を果たすことを願っております。


勃起の硬さスケール(日本語版EHS)

※注意
このチェックリストは、疾患の診断に代わるものではありません。チェックの結果、問題や異常がなくても、不安や気になることがあれば必ず医療機関を受診してください。

グレード症状硬さのイメージ
グレート0陰茎は大きくならない
グレート1陰茎は大きくなるが、硬くはならないこんにゃく
こんにゃく
グレート2陰茎は大きくなるが、挿入に十分なほどではないみかん
みかん
グレート3陰茎は挿入には十分硬いが、完全に硬くないグレープフルーツ
グレープフルーツ
グレート4陰茎は完全に硬く、硬直しているりんご
りんご
EHSの結果だけでEDの診断はできません。あくまでもEDを疑うための目安です。医療機関の受診をおすすめします。

あなたはご自身の勃起の硬度をどう評価いたしますか?早くチェックしてください。

>>ED(勃起不全)になる原因は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする